若い人でもうつ病になる【拒絶過敏症もあらわれる症状のひとつ】

サイトメニュー

カウンセリング

精神の病の特徴

急に食事の量が変わる時や睡眠不足が長く続く場合は、うつ病の可能性があるため検査を受ける必要があります。この病気の症状を治す時は専門医に対応してもらわなければいけないので、口コミ情報などを参考に決めれば失敗せずにすみます。

詳しく見る

ウーマン

精神病の相談方法

専門医にうつ病の治療を頼む時は予約をしなければいけませんが、電話でできるので手続きは難しくありません。うつ病の症状は脳の異常として発生するため、好みが急に変化した時は病気の可能性があるので注意がいります。

詳しく見る

聴診器

病院を利用する意味

うつ病を発症すれば、治療のために病院で診てもらおうとする人が多いのかと考えるかもしれません。しかし意外と病院を利用する人は少なく、病気を発症したなかでは3割ほどといわれており、そのまま症状を放置する人が多くいるのが現状です。

詳しく見る

ナース

一般的なうつと気分変調症

笑顔が消え、抑うつ状態が2週間を超えても回復しないのが一般的なうつ病の特徴で、軽いうつ症状が2年以上続くのが気分変調症の特色です。うつ病治療で色々な方法を試したい時は、心理療法や経頭蓋磁気刺激療法なども受けられる病院を選ぶと良いでしょう。

詳しく見る

若い世代に多い

看護師と患者

理解されにくい

新型うつ病は過眠や過食などの症状があらわれます。気分の落ち込みから強い眠気を感じ、一日に十時間以上眠ることもあります。また、気持ちを落ち着けようとして、食べずにはいられなくなるので過食になりがちです。週に三日以上、度を越して食べるようなら過食に該当します。そして、鉛様麻痺もこの病気、ならではの症状です。鉛をつけられたかのようにカラダが重く、立ち上がるのに苦労するほど全身がだるくなります。これは、気分が落ち込んだときに出る症状で、決して体の病気が原因ではありません。ほかにも、拒絶過敏症もあらわれる症状のひとつです。新型うつ病を発症するタイプの人は、いつも周囲の目を気にして生きている人が多いです。他人の顔色を伺う傾向が、発症によりさらに極端になり拒絶過敏症となってあらわれます。他人の何でもない言動に過剰に反応して、激しく落ち込んだかと思えば攻撃したりします。そのため、周囲からは理解されずに、孤立してしまうことも多いです。さらに、不安や抑うつの発作が夕方から夜にかけて不意に起こりやすく、急に泣き出すこともあります。逆に他人を妬んだりすることもあり、その衝動を紛らわすために過剰な喫煙や飲酒、過食、あるいは異性への接近などにつながることもあります。こうした依存症との併発に発展しやすいので注意が必要です。自分らしく生きようと育ってきた世代は、自分は輝かなければならないという気持ちをもったまま大人になります。しかし、一生懸命やっていても成果が上がらないことが続くと、実力主義の社会で躓いて、自身を失う状態から抜け出せなくなります。そのことが原因で新型うつ病を発症するパターンも多いです。若者に多いタイプのうつ病で、自尊心が強いのに繊細で、傷つきやすい人がなりやすいです。また、通常、症状が出ていても病気であることを隠したがるのに、このタイプは、自分をうつ病だと断言する人が多くいます。他罰的であり、病気で休んでいるにも関わらず好きなことなら行動にうつせるという特徴もあります。そのため、周囲が困惑することが多いです。しかし、新型うつ病の人でも受診するときには、うつの症状を示し、心身ともにつらい状態にあることは間違いありません。まず、家族が困惑するようなことが続くようであれば、受けている治療が適切かどうかを再検討することも大事です。ほかの精神科のアドバイスを受けるのもひとつの方法になります。既にかかっている病院があるのなら、地域の精神保健福祉センターに相談します。全てを病気だからと非常識な言動を認めていると、本人の社会性を失わせ、回復を遅らせることもあるので注意が必要です。

Copyright© 2018 若い人でもうつ病になる【拒絶過敏症もあらわれる症状のひとつ】 All Rights Reserved.